FC2ブログ

苦いマレーシア出産の思い出とMILO

マレーシア国民の多くが愛飲するMILOの話題を書こうとしたら、急にマレーシア
での出産を思い出しました。(MILOとは全然関係ないんだけど。。)

長男をマレーシアで出産した8年前の2004年、不運にも感染してしまい、
自然分娩で3950gのビックベイビーを出産したにも関らず、産後に手術を2回
したんです。

出産前にも微熱があったのですが、産後に異常が出て、お腹が痛いと訴えるも、

「みんな産後は痛いの!歩きはじめなさい!」

と叱られ、激痛でトイレも自分でいけず、看護婦さんには嫌~な顔で見られ、
退院時も自力で歩けず車椅子で退院するという異常な事態にも関らず、私の
身体の異常に気づいてくれず、とうとう発熱したまま退院。

数日後、熱が上がってきたので受診すると、白血球値が異常で緊急入院。

「だから痛いって言ってたやろー!」

問題だったのが、出産後に一度退院したので新生児は預かれないとのこと。
出産の入院の扱いとは認めてもらえず、私一人の病気入院になったのです。
ということで、新生児の子供は別料金。

マレーシアの出産は安い!
と喜んでいたものの、結果的には60万円以上の治療費と、赤ちゃんのシッター代
と、夫のベット代などで80万円、もしくはそれ以上だったかも・・・、の費用が
かかったのです。

親には日本で出産すれば良かったのに!!と散々言われ、本当に 悲しかった。。

その入院が、また強烈な思い出なのですが、40度の高熱がずーっと続くも原因が
分からずの2週間経過・・・。
最初は産婦人科の主治医が診ていたのですが、そのうち外科医が入ってきて、
最終的には感染病のスペシャリストとかいう人が入ってきて、3人のチームで治療
を始めたのです。

大きな病院だったのでCTスキャンなど、日本と同レベルの施設は整っていたのですが、
技術者のレベルが日本より遅れているという事を後々聞かされました。(8年前の話)

最初は盲腸か!、マラリアか!と毎日のように高熱で震えている私を検査し、
それでも原因が分からず・・・。
数種の抗生物質を投与するも、全く効果がなく・・・。
痛み止めの薬も効かず、30分おきにくる激痛の度に、寒さと痛みで振るえ、
歯がガタガタ音を立てるほどなので、お尻にデカイ注射(モルヒネか?)を打たれて、
スーっと楽になるというのを繰り返し、私は本当にこのまま死ぬんだと思ったくらい
です。

更に、マレーシアの医療では難しいので、明日にでもシンガポールの病院に搬送しよう
という話になっていたのです。
ところがその場合、新生児はパスポートがないからマレーシアに置いていかないと
いけない。
夫はベイビーとマレーシアに残る。。。私一人でシンガポール・・・・。
もうパニックで産後ブルーも入り、完全に精神的に参ってました。

すると、走って医者が入ってきて、
「今朝のCTスキャンで子宮外の感染が見つかった!2時間後に手術します!」

そのCTスキャン何回もしてましたよね?2週間見つけられないってどういう事??
(↑後々感じた疑問)

私オロオロ・・・。子宮外膿瘍で鶏卵ほどの膿がたまっていて、即に手術しないと
いけないとのこと。たぶん入院してから2週間の間にどんどん大きくなっていって
たようです。
まさか大きな手術をするとは。。。
2時間後、手術室に運ばれる時に、手術室前にベイビーを私の隣に連れてきたんです。
私は、これはもしかするととても危ない手術なんではないかと号泣。
そのまま全身麻酔をかけられ、手術をしました。

手術は無事成功。
が、2日後にまた膿がたまり2度目の手術。1回目は成功だったのか??

その2回目の手術というのも恐ろしかった。
一回目の手術の二日後、また取ったところに膿がたまっているというのです。
その日も2時間後に手術ということになり、それくらいではもう驚かなくなって
いたのですが、連れていかれた所はなぜか診察室みたいな所。。
夫も中に入れられ、夫に説明後、医者二人と夫で私の腕と足を押さえつけ、
局部麻酔での子宮近辺の手術だったのです。
(局部麻酔では麻酔が効かないエリアの手術)

何?何?と頭の中は?になっているうちに手術が始まり、麻酔が効かない辺りになると
吐くような痛さ。もうこれも死ぬかと思いました。

その後、日本で次男を出産する際に、このストーリーを日本の産婦人科医に話した
ところ、日本では人道的にありえない手術だそうです。(--;)

やっと8年目で文章にできるようになりました。
自分の過去から消したいくらいの苦い思い出です。

ただ、他の日本人の方は普通に出産してました。私は不運だったのだと思います。

その入院の時、食べる物も食べれず、ゲソゲソに痩せていく私に、いつも病院から
与えられたのがMILOでした。
MILOで生き延びた入院生活でした。

今はスッカリ、子供が病気で食欲がないとMILO飲む?と聞く私です。

Comment

恐ろしくエゲツない話やなぁ〜
こういうのを聞くとやっぱり海外はチョット怖いね。でも厄払いと思って・・・これからはいい事ばかりよ(^ ^)
今日はこれからは仕事の面接!頑張ってくるわ!
  • 2012/08/28 12:56
  • しゅうちゃん
  • URL
  • Edit
こわくなりました…
やっぱり海外での出産って怖いなぁと思いました…。
日本が1番安心ですね(°_°)!
  • 2013/06/26 16:02
  • りんご
  • URL
りんご様
海外出産が危険というより、出産の経験がなく海外で出産したというのがまずかったなぁって今だに思ってます。この痛さは異常だとかさえ分かるような出産の経験があったら、こんな事にならなかったと思います。選べるのであれば初産は日本がいいですねー。次男を日本で出産して、出産ってこんなんなんだーって初めて知りました。私の場合は日本が100倍よかったです。
  • 2013/06/26 21:37
  • kanak2
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。